Home > DroboPorts > FTP環境 ( proftpd )

FTP環境構築
( proftpd )

0. 注意事項

proftpdでFTPサーバーを構築するとFTPクライアントでアクセスした時にファイルサイズが正常に表示されません。



1. DroboPorts 導入用 CrossCompile環境 (CrossCompileVM) 設定

CrossCompile環境 ( CrossCompileVM ) 構築 を行なっていない場合 ( DroboPortsの導入が初めての場合) は、 CrossCompile環境 ( CrossCompileVM ) 構築 を先に行なって下さい。



2. CrossCompile環境 ( CrossCompileVM ) で proftpd のコンパイル

お使いのSSHクライアントから CrossCompile環境 ( CrossCompileVM ) へログインして作業を行います。

        /* 環境設定 */

        # export DEST=/mnt/DroboFS/Shares/DroboApps/proftpd
        # cd ~/code/

        /* zlib インストール */

        # wget http://zlib.net/zlib-1.2.7.tar.gz
        # tar vzxf zlib-1.2.7.tar.gz
        # cd zlib-1.2.7
        # ./configure --prefix=$DEST
        # make clean && make && make install
        # cd ..

        /* opennssl インストール */

        # wget http://www.openssl.org/source/openssl-1.0.0d.tar.gz
        # tar vzxf openssl-1.0.0d.tar.gz
        # cd openssl-1.0.0d
        # ./Configure linux-generic32 -DL_ENDIAN --prefix=$DEST --openssldir=$DEST/etc/ssl shared zlib-dynamic --with-zlib-include=$DEST/include --with-zlib-lib=$DEST/lib
        # make clean && make && make install_sw
        # cd ..

        /* proftpd インストール */

        # wget ftp://ftp.proftpd.org/distrib/source/proftpd-1.3.3d.tar.gz
        # tar vzxf proftpd-1.3.3d.tar.gz 
        # cd proftpd-1.3.3d/
        # . ~/uncrosscompile.sh
        # ./configure
        # make clean && make
        # cp lib/libcap/_makenames ~/bin/

        # . ~/crosscompile.sh
        # install_user=$USER install_group=$USER ac_cv_func_setpgrp_void=yes ac_cv_func_setgrent_void=yes ./configure --host=arm-none-linux-gnueabi --prefix=$DEST --with-includes=$DEST/include --with-libraries=$DEST/lib --with-modules=mod_tls:mod_sftp
        # make clean && make
        # cp ~/bin/_makenames lib/libcap/
        # make && make install INSTALL_BIN="/usr/bin/install -c -m 0755" INSTALL_SBIN="/usr/bin/install -c -m 0755"


        

3. CrossCompile環境 ( CrossCompileVM ) で proftpd のパッケージ化


        
        # cd $DEST
        # mkdir -p var/empty var/run var/log www
        
        # wget http://www.droboports.com/app-repository/proftpd-1-3-3d/admin.url
        # wget http://www.droboports.com/app-repository/proftpd-1-3-3d/service.sh
        
        # chmod a+x service.sh
        # cd etc
        
        # wget http://www.droboports.com/app-repository/proftpd-1-3-3d/proftpd.conf -O proftpd.conf
        # wget http://www.droboports.com/app-repository/proftpd-1-3-3d/passwd
        # wget http://www.droboports.com/app-repository/proftpd-1-3-3d/group
        # wget http://www.droboports.com/app-repository/proftpd-1-3-3d/proftpd_www.conf
        
        # cd ../www
        
        # wget http://www.droboports.com/app-repository/proftpd-1-3-3d/index.php
        
        # cd ..
        # chmod a+rw etc var
        # ~/bin/package.sh

        /* パッケージが作成されているか確認 */

        # cd ..
        # ls -la
        

パッケージ ( proftpd.tgz ) が作成 されるので DroboFSのDroboAppsディレクトリに移動させます。
※ファイルのダウンロードはWinSCP,rsync等を利用してください。



4. proftpd インストール


DroboFSのDroboAppsディレクトリにファイルを移動させたら、DroboFSを再起動してください。
再起動後 SSH で DroboFS にログインし、以下の作業を行います。


        
        # vi /etc/hosts
        
        /* 以下の内容を追加 */
        
        127.0.0.1 Drobo-FS
        


        /* 利用するサービスの確認 */
        
        # cd /mnt/DroboFS/Shares/DroboApps
        # vi .servicerc 
        
        /* 以下の内容が YES になっているかを確認します。 */ 
        
        proftpd_enable="YES"
        
        /* 他のFTPサービスは無効化 */
        
        pureftpd_enable="NO"



        /* proftpdの起動 */
        
        # cd /mnt/DroboFS/Shares/DroboApps/proftpd/
        # sh service.sh start 
        
        /* 起動の確認 */ 
        
        # sh service.sh status
        proftpd is enabled and running <= running になっていれば正常に起動できています。
        

ユーザーID : ftpuser / パスワード : ftpuser で接続ができます。

5. FTP接続 IP制限設定


        /* proftpd 設定ファイルに接続IP制限設定を追加 */
       
        # cd /mnt/DroboFS/Shares/DroboApps/proftpd/etc
        # vi proftpd.conf


        /* 以下の記述を追加 (ipは各自環境に合わせて下さい) */
         
        <Limit Login>                                                                  
        DenyAll                                                                         
        Allow from 192.168.24.0/24                                                      
        Allow from xxx.xxx.xxx.xxx                                                        
        </Limit>   


        /* 設定変更後 proftpd の再起動 */
        
        # cd ..
        # sh service.sh restart
        


6. ftpuser パスワード変更


        /* ftpuser パスワード変更用のユーザーを作成 */
       
        # adduser test
        # パスワード入力
        
        /* 該当ユーザーの暗号化パスワード文字列を取得 */
        
        # vi /etc/shadow


        /* 取得した文字列を ftpuser 設定に変更する */
        
        # cd /mnt/DroboFS/Shares/DroboApps/proftpd
        # vi etc/passwd
        
        /* 変更が完了したら proftpd を再起動 */
        
        # sh service.sh restart
        
        
        /* パスワード変更用に作成したユーザーの削除 */
        
        # deluser test
        

変更後のパスワードでFTP接続が行えるか確認します



ページトップへ
 
ホームページ製作 フリー素材 FX レンタルサーバー HTMLテンプレート
Copyright (C) Drobo FS NASレポート Rights Reserved.